アルミ用フラックス一覧 ~おすすめ4選~ - 堺市のトーヨーメタル株式会社|ロウ材、ろう付加工、フラックス

トーヨーメタル株式会社

ブログお問い合わせ

大阪府堺市堺区出島海岸通4-4-3TEL 072-241-4422

BLOG ブログ

ブログ

アルミ用フラックス一覧 ~おすすめ4選~

作成日:2019年11月22日(金)

 

DSC_0505.JPG

 

こんにちは。

トーヨーメタル和田です。

アルミのロウ付けはとても難易度が高いロウ付けの一つで、母材の温度管理が非常に大切です。

もちろん、フラックスの選定も非常に悩ましいと思います。

そこで、今回は『アルミ用フラックス一覧 ~おすすめ4選~』についてお話させていただきます!

今回は「洗浄不要のアルミ用フラックス3選」と「洗浄必須だが接着力最強フラックス」についてご紹介します。

 

 

 

目次

  洗浄いらず!アルミ用非腐食性フラックス3選

  要洗浄だが接着力強!アルミ用塩化物系フラックスはこれ1択

 

 

 

  洗浄いらず!アルミ用非腐食性フラックス3選

これらは、塩化物が入っていないため洗浄不要というメリットがあり、洗浄の作業工程を

減らすことができます。基本的に粉での使用ですが、浸透性を必要とする場合はアルコールや水で溶かして使用することもできます。炉中でも手ロウ付(大気)にも適しており万能なフラックスです。

  TF-170A・・・セシューム系、活性温度420~480℃、TMでは初代アルミ用非腐食性フラックスです。フラックスの広がりは小さく見た目がきれいに仕上がります。

 

 

  TF170N・・・セシューム系、活性温度430~490℃、フラックスの広がりは良い。亜鉛系やMg入りの母材につきやすいといわれていますが、もちろん条件にもよりますのでテスト品の使用をおすすめします。

 

 

  TF170F・・・フッ化物系(ノコロック系)、活性温度530~580℃、上記2つよりも安価なため吹き付けて使うこともできます。ラジエーターなどのロウ付におすすめです。

 

 

※多少の残渣が気になる場合は湯洗しても問題ありません。

 

 

 

  要洗浄だが接着力強!アルミ用塩化物系フラックスはこれ1択

塩化物系のフラックスのため、腐食性が強くロウ付け後の洗浄が必要となりますが、

湯洗または水洗で簡単にフラックス残渣を落とすことができます。

  TF-100・・・塩化物系、420℃~、手ロウ付で抜群の効果を発揮しますが、炉中ロウ付にはあまり向いていません。フラックスの広がりは大きく、アルミブロックや配管などをつけやすいフラックスです。洗浄必須のため見た目はキレイに仕上がります。異種金属にもつきやすいほどの強力な酸化被膜除去効果を持っています。

とても浸透性の強いフラックスなので、ロウ材の先端に軽くつけるだけで十分な効果を示します。

 

 

 

今回は『アルミ用フラックス一覧 ~おすすめ4選~』を

ご紹介させていただきました。

トーヨーメタルではロウ付の悩み解決・非鉄金属加工や製品の情報・有益情報・新着情報などのブログを週1本か2週に1本ペースで投稿させていただきます!

ぜひ、みなさまのお役に立てるコンテンツを目指して情報をアップしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

商品テスト品の請求や見積などまた、不明点・ご相談などございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

                               本社 営業部 和田

トーヨーメタル株式会社 本社

TEL 072-241-4422

FAX 072-241-4430

お問い合わせフォーム http://www.toyometal.net/contact.html