コラム第21回 人間の欲望と恐怖のかたち - 堺市のトーヨーメタル株式会社|ロウ材、ろう付加工、フラックス

トーヨーメタル株式会社

ブログお問い合わせ

大阪府堺市堺区出島海岸通4-4-3TEL 072-241-4422

BLOG ブログ

ブログ

コラム第21回 人間の欲望と恐怖のかたち

作成日:2018年04月06日(金)

仮想通貨は現在バブル崩壊中です。かなり安いところまで売られました。

そろそろ底だという人もいますが、私はまだまだ下落すると思っています。昨年億り人と呼ばれた人たちの資産が仮に利益確定をしていなければ元に戻った状態まできています。そしてここから少なくとも半値、さらには5分の1程度までの下落はあるでしょう。ビットコインは現在70万円ですが20万円台というのも十分ありえます。今年の夏あたりにはNHKスペシャル「仮想通貨バブルに踊った日本人たち(仮)」みたいな番組がありそうです(笑)。しかし、バブル崩壊は仮想通貨だけに限ったことではありません。アメリカ経済は好調といわれていますが、NYダウなどはかなりの乱高下を見せています。仮にNYダウのチャート10年間を1年間の縮尺にした場合、驚くべきことにビットコインの年明けあたりまでの1年間のチャートにそっくりなんです。バブル形成とその崩壊の形というのは人の欲望と恐怖のかたちをそのままあらわしていますので、それが経済的裏づけのあるアメリカ株だろうが、いまだ怪しげな位置づけの仮想通貨だろうが、その昔に起きたチューリップ相場だろうが、みな同じなんです。仮想通貨は展開が早く、株はゆっくりなのですが、仮想通貨を先行指標としてみれば、株も時間をかけながら同じように下がっていく可能性が次第に高くなってきていると思います。。どちらの相場もかなり上がりきった感じがあり、大口投資家たちは虎視眈々とバブル崩壊を狙っているところかもしれませんね。管理人T